韓国系団体が米国内で慰安婦像の設置を計画している。米在中の日本人社会からも強い反発が起きているという。そこで当方の見解を述べたい。慰安婦像の設置計画は間違いであり、慰安婦の心情を傷つけることになるだけだ。

米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊グレンデール市の公園に韓国系団体が従軍慰安婦像の設置を計画しているというニュースが流れてきた。韓国系団体によると、旧日本軍によって性的奴隷となったという通称・慰安婦問題を国際イシューとして世界にアピールするのが狙いだという。

「正しい歴史認識」問題に関連するが、日本と韓国両国では慰安婦問題で意見が一致していない。そこで世界の大国・米国で日本の犯罪を訴えていこう、というわけだ。これは慰安婦問題を国際イシューにし、外圧に弱い日本側の謝罪を勝ち得ていこうという試みだが、方法論として決定的に間違っている。両国間の協議が容易でないから第3国の米国の影響を期待して問題の解決を図ることは、協議の相手国・日本側に対して無礼であり、品格のある国が取るべき手段ではない。米国にしても両国間の問題を持ち込まれて当惑するだけだ。ましてや、米国に日韓両国の「正しい歴史認識」の調停を期待すること自体、無理がある。

第2の理由は、米国内で慰安婦像を設置することは慰安婦の痛みを癒すことになるか、という問いだ。「もし、あなたが慰安婦だったら、その痛みを象徴した像を外国の地に建立して世界にアピールするか」、「もし、あなたが慰安婦の父親であり、母親だったら、娘の悲しみを像にして異国の地で訴えたいか」という問いだ。明確な点は、慰安婦像の設置計画は元慰安婦たちから出たものではなく、慰安婦が体験した戦争の悲劇を継承した人々たちからの発想だという点だ。

当方はこのコラム欄で「傷跡のない悲劇の継承者たち」(2013年5月22日)で以下のように書いた。

「韓国や中国では、旧日本軍兵士から迫害され、弾圧された人以上に、その悲劇を継承した人の憎悪のほうがより激しい場合が少なくない。彼らの総身には日本軍兵士から受けた殴打の傷跡はないが、体に傷跡をもつ犠牲者以上に憎悪に燃えている。あたかも、今、体から血が流れているように。注意しなければならないことは、悲劇の継承者の反日感情は体験の裏づけのないものが多いことだ。だから、ある日、彼らは同じような蛮行を繰り返すことができる。一方、体に傷を抱える犠牲者は加害者の謝罪をいつかは受け入れようとするものだ。なぜならば、恨み、憎悪を抱えたままでは自身が幸福になれないと悟るからだ。彼らは過去の悲しい束縛から解放されるために、加害者の謝罪を受け入れようとする。それと好対照は悲劇の継承者だ。彼らは加害者の謝罪を受け入れない。なぜならば、謝罪を受け入れれば、その瞬間、自身のアイデンティティが消滅する、といった懸念を感じるからだ。彼らの加害者への憎悪、恨みは体験や傷によって裏づけされていないから、時間の経過とその必要性からさまざまな形態に変容できる」

少々、厳しい指摘となるかもしれないが、米国で慰安婦像を設置しようとしている韓国系団体は反日感情の拘束から解放されない人々ではないか。「正しい歴史認識」を叫びながら、それと真摯に取り組むだけの意思力、熱意がない。あるのは憎悪だけだ。そこからは建設的な考えは期待できない。

和解は「謝罪を求める側」と「それを受け入れる側」の合意がない限り、成立しない。日本側は心からの謝罪が必要だ。韓国側はそれを受け入れなければならない。なぜならば、韓国側には謝罪を受け入れる以外に他の選択肢がないからだ。さもなければ、憎悪の虜となるだけだ。それでは不幸だ。韓国側に多くを要求しているようで申し訳ないが、韓国に「国家の度量」を示して頂きたい


(私のコメント)

昨日も朝鮮史について書きましたが、韓国人の歴史教育はプロパガンダであり、歴史教育には入らないもののようだ。現代ではネット上に歴史ブログなどがあるから、韓国人でもネット上の歴史ブログなどを読むことができるはずだ。しかし歴史的な事実を列挙しても韓国人がそれを受け入れなければ意味がない。

韓国の大統領自身が、韓国5000年の歴史と演説で言っているのだから史実に疑問を感じざるを得ない。日本の戦前における「神国日本」や「不敗神話」などもありましたが、小学校のうちからおかしな歴史を教えていくと、途中で修正しようと思っても修正することが難しい。

旧日本国軍人の中にも「日本は神国だから負けない」といった間違った思い上がりが戦争拡大につながっていった。このようなプロパガンダを歴史として教えていけば対中強硬論が台頭して暴走してしまった。だから日中戦争で泥沼化した戦争になっても修正がきかなくなってしまう。

韓国や中国の反日運動は、歴史教育に問題があるのは明らかですが、韓国や中国では異論をはさむことは非常に難しいようだ。韓国や中国では国定教科書で教えているから国策が反映された歴史教育が行われている。また学校の歴史教育ばかりでなくテレビなどの創作時代劇ドラマが大きな影響を与えている。

韓国の反日には教育やマスコミなどの影響が大きいのでしょうが、自国に不利益な歴史は抹消して、知らなかったりする。日本でも戦後になって歴史教育の内容が大きく変更されましたが、教科書が間に合わなくて教科書に黒く墨が塗られて修正が施された。

歴史的事件や戦争についての評価が双方にとって大きく異なる事は避けられませんが、これらの歴史的評価は学者のする仕事であり、政治家が出てきて決着をつける問題ではない。日韓の間でも教科書における歴史の課題が話し合われたことがあったようですが、どうしても歴史的評価がぶつかり合ってしまう。

小学生や中学生などは学校の先生が教えていることは絶対だから教科書に書かれたことは事実だと思ってしまう。自然科学系の科目はそれで良くても社会科学系の事は時代によって大きく評価が異なってくる事がある。日本の歴史の中でも評価が変わることもあり、以前は新撰組は悪の権化だったが最近では司馬遼太郎の小説などの影響で見方も違ってきたようだ。

日韓における問題でも、伊藤博文を暗殺した安重根は日本から見ればテロリストだが韓国では救国の英雄として教えられている。このような事は歴史教育では避けられませんが、私自身は日清戦争も日露戦争も日韓併合もする必要のない戦争であり、戦略的に見ても朝鮮半島がどこの国に侵略されようが関与すべきでなかった。

確かに領土を拡大すれば日本国の国力も増しますが、韓国も中国もインフラの開発に巨額の費用を投入して韓国や中国の近代化に努めても、朝鮮人や中国人には現代でも悪しく評価されている。むしろ韓国や中国が洗練された民主国家になるまでは、日中韓関係を深めても日本にメリットはあまりないだろう。

アメリカとの関係も、メリットがあれば関係を続けていくしメリットがなくなれば関係は解消すればいい。戦前においてアメリカがどのような国で日本に対してどのような外交をして来るか研究されるべきでしたが、石油や鉄などの戦略物資を輸入してきた相手国だった。そのアメリカとなぜ戦争になったのか歴史を学ばなければわからない。

従軍慰安婦問題で韓国はアメリカを巻き込むことで日本に圧力をかけようとしていますが、「歴史カード」を持ち出せばアメリカは中国韓国に味方してくれた。しかし現代では攻守所を変えて中国や韓国が強気に「歴史カード」で攻め立ててきている。「従軍慰安婦問題」も「南京大虐殺」にしても米軍当局が日本の戦争犯罪を相当調査したはずだ。

長谷川良氏がブログで、「これは慰安婦問題を国際イシューにし、外圧に弱い日本側の謝罪を勝ち得ていこうという試みだが、方法論として決定的に間違っている」「協議の相手国・日本側に対して無礼であり、米国にしても両国間の問題を持ち込まれても当惑するだけだ。」「米国に日韓両国の正しい歴史認識の調停を期待すること自体、無理がある」と指摘している。

90年代頃は中韓の「歴史カード」は非常に有効に効いた。「河野談話」や「村山談話」はその成果ですが、日米関係も「ジャパンバッシング」の時代であり、中韓と日本のマスコミも同調して日本政府は追い詰められた。しかしネット化社会になって情報戦争の時代になってネットウヨが反論するようになって状況は変わってきた。

もはや戦争を体験した世代は1割にも満たなくなり、戦後生まれの時代になりましたが、「彼らは加害者の謝罪を受け入れない。なぜならば、謝罪を受け入れれば、その瞬間、自身のアイデンティティが消滅する」むしろ加害者への憎悪、恨みは増大していって永遠に繰り返すことになり歴史の虜になってしまう。韓国が近代国家になれないのは歴史の虜になり拘束されてしまうからだ。