株式日記と経済展望


想定される英仏共同軍事作戦とは互いの得意領域でカバーし合い、たとえば
仏空母を守るために英国海軍駆逐艦が護衛するなどのシナリオである。


2019年1月7日 月曜日

◆「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 1月7日

インド太平洋における英仏海軍共同作戦の本当の可能性
  ポール・ケネディ教授、「予算上、作戦上、そしてロシアがあり可能性は低い」
****************************************

 英国国防相のケビン・ウィリアムソンは強気の発言を繰り返し、南シナ海へ「自由航行作戦」を強化するとした。
 フランスのフローレンス・パルリ国防相も、空母「シャルルドゴール」と攻撃群を当該海域に派遣すると言明し、西側の航行の自由という原則を踏みにじる国を牽制するとしている。『踏みにじる国』とはどの国なのか、名指しはしていないが。

 想定される英仏共同軍事作戦とは互いの得意領域でカバーし合い、たとえば仏空母を守るために英国海軍駆逐艦が護衛するなどのシナリオである。
 両国はともに2020年を達成目標にしている。
 英仏が共同の作戦を展開するのもアデン湾の海賊退治での経験があるからだ。英国はシンガポールかブルネイに海軍拠点の構築を模索しているとの報道もある。(後略)



(私のコメント)

何かと海の話題が多いのですが、南シナ海に英仏が「自由航行作戦」を強化するそうです。アメリカの手不足を補強するためでしょうが、日本もその仲間に入るようになるのだろう。中国は領海としていますが、維持する費用は相当なものになるだろう。

だから海は自由な航行が認められた自由空間であり、領空や領海を維持するには常時、船や飛行機を飛ばせておくわけにも行かない。むしろ港や空港が意味を持ちますがこれも金がかかる。中国は南シナ海にどれがけの金をかけたのだろうか。陸上なら国境を作ればいいいが、海や空はそうはいかない。

日本も国土は狭いが、領海と領空が大きく、自衛隊の船と飛行機の維持が大変だ。船も飛行機も寿命が有り、数十年で退役する。中国はそれを維持できるのだろうか。ロシアですら使い古しを今も使っている。アメリカも同じだ。ミサイルが使えるからだ。


(しばらく日記を休みます。)




韓国海軍の艦艇が、自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した
事件は、韓国軍兵士による「指揮命令」違反、事実上の反乱である


2019年1月2日 水曜日

射撃レーダー照射は韓国軍兵士による“反乱” 2018年12月27日 重村 智計

国海軍の艦艇が、自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した事件は、韓国軍兵士による「指揮命令」違反、事実上の反乱である。正常な軍隊ならば絶対に起こり得ない事態だ。韓国政府内は大揺れで、軍最高司令官でもある文在寅(ムン・ジェイン)大統領の権威と正統性はズタズタとなった。日本政府は、日米韓3国による調査を求めるべきだ。

 韓国の大統領は、韓国軍の指揮命令系統を厳重に監視してきた。筆者がソウル特派員時代に取材した軍首脳によると、理由の第1は北朝鮮との戦争を防止するため。軍が勝手に北朝鮮に攻め込んでは困る。

 第2に、クーデターを警戒してきた。韓国軍の部隊は、クーデター防止のためソウル方面への後退移動は禁止されている。また、師団以上の部隊が移動する際には前後左右の隣接師団へ通告することが義務づけられている。(後略)



(私のコメント)

今回の、自衛隊機への火器管制レーダー照射は、もはや韓国軍が軍として統制が取れていないことが証明された事件であり、韓国の軍艦の幹部が照射を命令しなければ起きない事件であろう。おそらくこれが初めてではなく、何度か起きていたが内密にされて来たのではないだろうか。

韓国の軍艦が、日本機に見られたくない事をしていたという事に対する嫌がらせの意味もあったのだろう。ムン大統領としてはそのような命令はしていないという意味があったのだろうが、言い訳としては二転三転している。つまり韓国軍が統制が取れておらず、現場の勝手な判断で行われたのだろう。

相手がアメリカ軍機なら、考えられないことですが、日本の自衛隊機なら大丈夫という現場が勝手に行って、ムン大統領を揺さぶっているのではないだろうか。そうだとすれば、韓国の軍艦の幹部が処分されるはずですが、今のところ処分者は出ていない。命令した者もすぐに分かっているはずだ。

韓国軍は、クーデターを何よりも恐れており、ムン大統領も、今回のレーダー照射を韓国海軍の嫌がらせと見ており、他国なら大変な事になるが、自衛隊機なら外交問題になるだけと見ているのだろう。ムン政権の対北朝鮮に融和的なら、韓国の敵は日本だということになるのだろうか。




謹賀新年 2019年


2019年1月1日 火曜日

【平成30年 年末特別対談】西尾幹二氏に聞く[桜H30/12/30]

西尾幹二先生も、日本の若者の将来を心配しています。日本はどうしてこうなってしまったのでしょうか。私はもう若者ではなく、いつポックリ逝ってもおかしくない歳です。しかし若者はそうはいきません。西尾先生が言われているよう教育が間違っていたのです。日本はこれから三流国家になっていって、外国に出稼ぎに行くようになるのでしょう。


ホームページへ


inserted by FC2 system